リアルで生身の女性と恋愛がしたいオタクが身につけるべきたった2つのこと

「リアルで生身の女性と恋愛がしたいオタクが身につけるべきたった2つのこと」のアイキャッチ画像

どうも、レンジです。

 

 

恋愛に縁がない人の代表例として「オタク」という人たちが挙げられると思います。

例えば、オタクだけどモテモテだぜとか、オタクだけどセフレが何人もいるとか、オタクだけどリア充ですとか、そういう話はあんまり聞かないですよね?

どちらかというと、非モテとか非リア充とか女性に縁がないとか、そういった印象の方が強いと思います。

 

じゃあ、オタクが恋愛をするのはムリなのかというと僕はそんなことはないと思うんですよね。

要は表現の仕方の問題だと思っています。

それにオタクは特定の分野に特化している分、女性も同じ分野について興味を持っている時に爆発的に仲良くなれる可能性も秘めています。

見せ方次第では十分、武器にもなりえるのがオタクの強みなので、今回の記事ではその辺りのことについて話をしていきます。

 

 

オタクは恋愛で不利、モテない?

で、あなたもオタクである可能性があることを理解してもらったうえで考えてほしいのですが、オタクであることは恋愛において不利になると思いますか?

どうでしょうか?

まあ、普通は不利になると答えると思います(笑)

アニメ好きで「萌え~」とか言っている人に彼女がいますなんて話はほとんど聞きませんからね。

 

でも、個人的な意見としては実はオタクであっても恋愛でそこまで不利になることはないんじゃないかと思うんですね。

とはいえ、ちゃんと具体的な理由がないと、納得してもらえないと思うので詳しく説明していくと、そもそも、オタクって特定に分野について深い知識を持っている分、女性もその分野について興味を持っていれば、話がものすごく合うんですよ。

実際、僕の知り合いの女の子にもアニメやゲームが大好きでものすごく色々知っている子が1人います。

その子は彼氏がいるのですが、彼氏もそういった分野が好きでオタクなのですが付き合ってから、そこそこ経つらしいのですが未だにケンカもなく仲良くやっているそうです。

 

なので、オタクであっても恋愛をすることは可能であるし、普通の人に比べて、そこまで不利になることはないし、使い方によっては武器にもなるんじゃないかなと思うわけです。

「でも、実際は彼女がいないオタクばっかりじゃない?」

そういった声が聞こえてきそうですが、それはさっきも書いた通り、見せ方の問題だと思うんですよ。

なんで一般的にオタクは気持ち悪いみたいな目で見られがちなのかというと、女性に対する見せ方が非常に下手だからなんですね。

じゃあ、逆にその見せ方さえどうにかしてしまえば、オタクでも普通に恋愛をすることができるわけです。

では、どうやって見せ方をしていけばいいのかについて話をしていきます。

 

 

オタクがモテるようになるための2つの絶対条件

オタクが恋愛するために必要な見せ方ですが、主に2つのアプローチがあります。

これはどちらか一方だけをやればいいとかではなく、両方とも欠かすことのできないものです。

2つ合わさって、初めて効果を発揮するものなので、どっちかだけやればいいやなんて思わないでくださいね。

 

1、清潔感、ファッションに気を遣う

もう、これも他の記事で何回言ってきたかわかりませんが、まず清潔感とファッションが女性と関わる上では欠かせません。

で、こういう話をすると多くの人はまずファッションの方に気を向けるのですが、どっちかというと清潔感の方がファッションより重要です。

 

というのも、なんでオタクが女性から見て、恋愛の対象外になるのかと言うと清潔感がないからなんですね。

髪はボサボサでフケが溜まっていて、
スキンケアをしていないで全体的に脂ぎっていて、
ひげも無精ひげみたいになっていて、
服はよれよれ、靴はボロボロ、
無駄に汗をかいていて、変なニオイがする、

そんな感じで清潔感がないとそれだけで一発アウトなんですね。

 

逆のパターンを考えてもらえればわかりやすいのですが、清潔感の全くない女性と付き合いたいと思いますか?

僕なら絶対に思いません。

例え、それがどんな美人でもです。

それと同じなんです。

 

それにファッションはどんなにサボっていても、

「うわーダサい^^;」

ぐらいで済むんですけど、清潔感に限っては一撃で

「ないわ」

ってなるんですよ。

なので、絶対に外してはいけないところなんですね。

 

もちろん、だからといって清潔感にさえ気を付けていればいいと言うわけではないですよ?

いつまでも、お母さんに選んでもらったチェックのシャツとジーパンを着回していては話になりません。

そんな流行の最先端みたいな革新的なファッションなんていらないので最低限、女性からマイナス評価を食らわないようなファッションを目指して下さいね。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

2、オタクの面を出さない

さっき書いた、清潔感と並ぶぐらい重要なのがこの「オタクの面を出さない」ということです。

例えば、ネットスラングってあるじゃないですか?

wktkとかワロタとかJK(常識的に考えての方)とか。

あとは、ネットだから使っている言葉とかもあると思うんですよ。

「~ござる」とか「デュフフ」とか。

(この前、ガチでデュフフって笑い方している人がいてドン引きしました笑)

そういった、ワードを女性の前で使ったりしないでほしいんですね。

 

当たり前ですが、リアルとネットは全く別の世界です。

ネットでは通じる言葉もリアルでは通じないこともあります。

「なう」とか、ある程度一般的に認知されている言葉なら多少は使ってもいいと思うんですよ。
(これですら微妙なところですが)

でも、明らかにネットに精通していないとわからないような言葉を使うと、もれなくキモいという評価をされるんですね。

 

あとは、ありがちな例として自分が得意な分野になると急に話しまくってしまうというのもアウトです。

いや、普通に怖いんですよね。

それまで控えめに話していた人が特定の分野の話になった瞬間に、唾を飛ばしまくって狂ったように早口でまくし立てる。

男の僕からしてもそんな人がいたらビックリします。

なら、女性は僕の何倍も驚くはずです。

もちろん、悪い意味で。

 

他には二次元の女の子が大好きとか、キャラクターのフィギュアを集めているとか、そういう女性受けが悪い趣味なども言わないほうがいいですね。

僕の以前の友人で「僕の好きな○○ちゃんは、きっとそういうところも受け入れてくれるから大丈夫!」みたいなことを思っている人がいて、たまーにそれと同じようなことを考えている人がいますが、受け入れてくれません。

ムリです。

別にそういう趣味があることは、僕は否定しませんし、個人のことなのでそれはそれでいいと思いますが、恋愛の場ではそういったことを言わないようにしましょう。

 

 

他にも言おうと思えばいくらでも出てくるのですが、そういったオタクの面を不用意に女性の前で出さないようにしましょうと言うことですね。

さっきの僕の知り合いの例のように、女性の方も同じような趣味を持っていた場合、その女性と同じぐらいのレベルでオタクな面を出してもいいと思いますが、

そうでない場合、出すことでのメリットはなにもありません。

とにかく女性から見て、その行動は気持ち悪いかどうか、その辺りを意識して見てください。

 

清潔感とファッションに気を使い、オタクな面を出さないようにする。

これだけで普通に女性と接することはできます。

もちろん、それだけで超かわいい理想的な彼女ができるかといったら、またそれは別の話で、ちゃんと努力をしていかなければいけませんが、少なくとも「うわっ、あいつキモ!」みたいな反応はされることはありません。

なので、まずは今回の記事で紹介した2つのことを意識して見てくださいね。

 

 

では、今回はここまでにします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

レンジ

 

女性との出会いがなく、いつまで経っても彼女ができないあなたへ。

突然ですが、あなたは普段の生活の中で女性と知り合うことがなく、心の中で、

「やばい、出会いが全然ない…」

「このままじゃ絶対に彼女できなくね?」

そんな焦りを感じていないでしょうか?

 

恋愛をするなら当然、出会いが必要です。

どんなモテる男でも出会いがなければ恋愛はできません。

どれだけ見た目が良くても、どれだけトークがうまくても、どれだけ女性心理がわかっていても出会いがなければ全て無意味です。

そして、仮に出会いがあったとしても100%必ずその女性と付き合えるわけではありません。

何人もの女性と会って初めて彼女が作れます。

なら、モテるとは言えない恋愛初心者はその何倍も出会いを作らなければ彼女はできません。

そう考えると彼女が欲しい人にとって出会いがないのは死活問題と言えるでしょう。

 

でも、出会いを作ると言ってもカンタンではありませんよね?

平日は仕事でクタクタになって、土日も何だかんだ忙しかったり、仕事の疲れが抜けず出会いを作る気になれない人もいると思います。

つまり出会いを作ることへのハードルが高くなってしまっているんです。

なので、どうにかしてこの問題を解決しないと、この先も新しい出会いがなく、彼女ができないままです。

じゃあ、どうすればいいか?

結論から言うと、マッチングアプリなら出会いのハードルを極限まで下げられます。

  • スマホ1台でどこでも(どこかに移動する手間がない)
  • 料金もそこまで高くなく
  • 同時に何人もの女性とつながれる

他の出会い方とは比較にならないくらいカンタンかつコスパ良く出会いを量産できます。

僕自身もこれまで何人もの女性とマッチングアプリで会って美味しい思いをしてきました。

他にも、

  • 合コンで時間を作ってバッチリ支度をして現地に行く
  • ナンパで女性から無視されまくって傷つく
  • 周りの人に「女の子紹介!」してと頼み込む
  • 街コンに何回も参加してバカにならない金額がかかる
  • 会社の同僚を狙おうと思ったらすでに彼氏がいてヘコむ

もうこんなことに悩む必要もありません。

他の出会い方をするとしても併用できますし、やらない理由がありません。

 

とはいえ、大半の男性はマッチングアプリで女性と出会えなかったり、人によってはやり取りすら続きません。

一体、何故でしょうか?

結論から言ってしまうと、マッチングアプリ攻略に必要なある考え方が抜け落ちているからです。

正しい考え方を身に付けず我流で攻略しようとするから全く出会えず、リアルでもネットでも女性にフラれ続けてしまうんですね。

なら、その考え方とはどんなものか?

以下の記事にわかりやすくまとめました。

7分くらいで読める記事なので、ぜひ読んでみてください。

マッチングアプリで女性と出会いまくるために大事なことを本気で語ってみた

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。