付き合う前のデートでも手を繋ぐことのできる超合理的な方法

「付き合う前のデートでも手を繋ぐことのできる超合理的な方法」のアイキャッチ画像

どうも、レンジです。

 

狙った女性を落とすためにデート中に手を繋ぐことは非常に重要なことです。

手を繋ぐことで2人の距離はグッと近づきますし、付き合うためには必須のイベントなんですね。

しかし、人によっては手を繋ぐタイミングがわからないとか、どういう言い回しで手を繋げばいいのかわからないとか、そういったこともあると思います。

また、ただドストレートに「手、繋ごう?」と言ったりとか無言でいきなり手を繋ごうとしても、うまく行かないこともあります。

 

確実に手を繋ぐためには、ちゃんと「手を繋ぐための伏線」を張っておく必要があるんですね。

この伏線を張っておかなかったがために、手を繋ごうとしたら拒否されて、お互いに気まずい雰囲気になってしまったみたいな話もよく聞きます。

なので、今回は「デート中に超合法的にスマートに女性と手を繋ぐ方法」について話していきます。

 

付き合う前のデートで手をつなぐためにハードルを下げておく

では、話をしていきますが、さっきも言った通り、付き合う前のデートで確実に女性と手をつなぐためには、それまでにしっかりとした伏線を張っておく必要があるんですね。

伏線と言うより、布石でしょうか。

事前準備と言ってもいいかもしれませんね。

 

とにかく、伏線を張っておくことによって女性の中の手を繋ぐことに対する心理的な抵抗やハードルを少しでも下げておくんですね。

そうすることによって、スムーズに手を繋いでいくことができます。

 

では、具体的にどんなことをしていけばいいのかについてですが、まずは鉄板なのがデート中にボディータッチをしておくことですね。

もちろん、ボディータッチと言っても、足や胸を触ったり、抱きついたりするのはNGです。

それはボディータッチではなくただのセクハラです。

 

ボディータッチというのは肩を軽くこついたり、腕を肘で軽くポンって押したり、頭を触るか触らないかぐらいの加減ではたいたりすることです。

そういった性的なことを連想させにくい部分を一瞬だけ触ることをボディータッチと言います。

 

で、そういったことをしておくと、女性としても体に触れられることへの抵抗が減っていきます。

特に女性は男より物理的な筋力が弱いので、その辺の警戒心は男の何倍もあったりします。

なので、まずは軽いボディータッチでその警戒心を解いていくんですね。

 

じゃあ、そういったボディータッチをどこでやればいいのかについてですが、個人的なおススメは居酒屋かカラオケです。

ただし、居酒屋、カラオケと言っても対面式や距離の離れたところでは意味はありません。

女性と2人で横並びにならないとそもそもボディータッチができないので。

居酒屋ならカップルシート、カラオケならなるべく狭い部屋が多い店舗を探しておく必要があるんですね。

 

とはいえ、そこまで大変なことではありません。

カップルシートなら都市部であれば設置している居酒屋も結構あります。

カラオケなら2人なら基本的に狭い部屋に通されるでしょう。

なので、自然な流れでボディータッチをするには、この2つの場所を利用してみてください。

 

後は、有効な伏線として手を繋ぐ際の理由付けがあります。

なんでもいいので、手を繋ぐときの理由を作るんですね。

例えば、このぐらいの冬の時期だと、

「手、寒いからあっためてよ」

とかですね。

他にも、

「デートっぽくしようか」

とか、

「はぐれないようにしよっか」

みたいな感じでとにかくなんでもいいので手を繋ぐ理由を言葉にしてから手を繋ぐんですね。

 

で、この時なにかうまい理由を考えないとダメみたいに思う人がいるかもしれませんが、別にそこは気にする必要はありません。

文章で見ると、こんなの理由でもなんでもないじゃんと思うことでも、実際はそこまで気にならないんですね。

なので、絶対に理由を作ってあげる必要があります。

 

あと時々、無言で力強く手を握ってあげるのが男らしさみたいに思っている人がいるのですが、それは勘違いです。

そんなことをしても、女性からするとビックリするか恐怖を感じるだけです。

無言でいきなり手を繋ぐのは、女性からすると、電車の中で知らないおっさんから突然触られるのと同じようなものです。

確かに、手を繋ぐときに理由を口にするのは緊張しますし、省略したくもなります。

でも、そこはグッとこらえて言葉にしてほしいんですね。

でないと、うまく行くはずのものが、うまく行かなくなってしまう可能性もあるので。

 

じゃあ、もし伏線を張って、理由づけもして、それでも手を繋ごうとしたら、渋られた時はどうすればいいの?という声が聞こえてきそうなのですが、

そんな時は僕が過去に書いた記事を参考にしてもらえればなと思います。

 

手を繋ぐのを渋られた時だけではなく、女性へのオファーを断られた時ならいつでも使える方法なので、あなたの役に立つと思いますよ。

 

では、今回はここまでにします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

レンジ

 

 

女性との出会いがなく、いつまで経っても彼女ができないあなたへ。

突然ですが、あなたは普段の生活の中で女性と知り合うことがなく、心の中で、

「やばい、出会いが全然ない…」

「このままじゃ絶対に彼女できなくね?」

そんな焦りを感じていないでしょうか?

 

恋愛をするなら当然、出会いが必要です。

どんなモテる男でも出会いがなければ恋愛はできません。

どれだけ見た目が良くても、どれだけトークがうまくても、どれだけ女性心理がわかっていても出会いがなければ全て無意味です。

そして、仮に出会いがあったとしても100%必ずその女性と付き合えるわけではありません。

何人もの女性と会って初めて彼女が作れます。

なら、モテるとは言えない恋愛初心者はその何倍も出会いを作らなければ彼女はできません。

そう考えると彼女が欲しい人にとって出会いがないのは死活問題と言えるでしょう。

 

でも、出会いを作ると言ってもカンタンではありませんよね?

平日は仕事でクタクタになって、土日も何だかんだ忙しかったり、仕事の疲れが抜けず出会いを作る気になれない人もいると思います。

つまり出会いを作ることへのハードルが高くなってしまっているんです。

なので、どうにかしてこの問題を解決しないと、この先も新しい出会いがなく、彼女ができないままです。

じゃあ、どうすればいいか?

結論から言うと、マッチングアプリなら出会いのハードルを極限まで下げられます。

  • スマホ1台でどこでも(どこかに移動する手間がない)
  • 料金もそこまで高くなく
  • 同時に何人もの女性とつながれる

他の出会い方とは比較にならないくらいカンタンかつコスパ良く出会いを量産できます。

僕自身もこれまで何人もの女性とマッチングアプリで会って美味しい思いをしてきました。

他にも、

  • 合コンで時間を作ってバッチリ支度をして現地に行く
  • ナンパで女性から無視されまくって傷つく
  • 周りの人に「女の子紹介!」してと頼み込む
  • 街コンに何回も参加してバカにならない金額がかかる
  • 会社の同僚を狙おうと思ったらすでに彼氏がいてヘコむ

もうこんなことに悩む必要もありません。

他の出会い方をするとしても併用できますし、やらない理由がありません。

 

とはいえ、大半の男性はマッチングアプリで女性と出会えなかったり、人によってはやり取りすら続きません。

一体、何故でしょうか?

結論から言ってしまうと、マッチングアプリ攻略に必要なある考え方が抜け落ちているからです。

正しい考え方を身に付けず我流で攻略しようとするから全く出会えず、リアルでもネットでも女性にフラれ続けてしまうんですね。

なら、その考え方とはどんなものか?

以下の記事にわかりやすくまとめました。

7分くらいで読める記事なので、ぜひ読んでみてください。

マッチングアプリで女性と出会いまくるために大事なことを本気で語ってみた

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。