ストールを巻いた女性

実践記(出会い)

クラブが苦手な人間がクラブナンパで結果を出す方法を考えてみた

更新日:

どうも、レンジです。

 

 

あなたはクラブに行ったことはありますか?

クラブナンパは有効な出会いの手段の1つとして色んな人が実践しています。

それこそ、クラブナンパに関する教材なんかもあったりして、実際に僕の周りでもクラブで知り合った子と付き合っている人もいます。

 

そして、当然僕も何回か行ったことはあるのですが…

正直言って、かなり苦手なんですよね(苦笑)

BGMがうるさいから女性の声がものすごく聞き取りづらいし、「うぇーい!」みたいなノリも好きじゃないし、深夜になると眠くなってくるし(笑)

しかも、ちょっと前に大学の友達と行った時に盛大に失敗したせいで、変な苦手意識もあるしで個人的にはあまり行きたくない場所なんですね。

 

でも、こんなブログで「とにかく出会いを作れー」なんて偉そうに言っている以上、最低限クラブナンパもできるようにならないといけないなと思ったので本腰入れて実践してきました。

なので、今回はその時の様子を交えながら、クラブが苦手な人間がどうやったらクラブナンパで結果を出せるようになるのか。

そこにフォーカスして攻略法を考えてみたので、ぜひ読んでもらえたらなと思います。

もちろん、最低限、女性とまともに話せるぐらいのコミュニケーション能力は必要なので、

もし、そこの能力に自信がない人は、無料メルマガで先に勉強してから、今回の内容を実践してくださいね。

 

クラブナンパに興味があるけど、なんかクラブって恐そう。
気の強いオネーチャンばっかりで自分に合わなそう。

そんなイメージがある人はぜひ今回の記事でそのイメージをぶっ壊してみてください。

ちゃんと戦略的にやれば、そこまで難しくないですよ^^

では、話に入っていきます。

 

 

クラブナンパは自分のやりやすい条件で攻める

クラブでナンパをする時なのですが、僕にはクラブで活動する時に致命的な欠点が1つあったんですね。

それは夜遅くになると眠くなることです(笑)

ダメなんですよね。
2時ぐらいになってくると頭が回らなくなってくるんです。

なので、今回はクラブに行きはするのですが、眠気の要素を取り払うためにクラブで行うイベントに参加しました。

 

どういうことかというと、イベントを企画する会社や団体がクラブを借りて行うイベントに参加したんですね。

通常のクラブは夜通し営業していますがそれだと僕の場合、眠くなってしまいます。

しかし、こういったイベントであれば、「19:00~22:00」とか「18:00~22:30」みたいな比較的、早めの時間帯で開かれるのでその心配はないんですね。

 

それに、こういったイベントの方がやりやすいと思ったんです。

イベントではなく普通のクラブに突っ込むと、それこそクラブ慣れしていて、僕たちが束になっても敵わないような
猛者ばかりいるのではないか。

そんな心配がありました。

だから、あえてこういったわざわざ予約しなければいけないイベントを選んでみたんですね。

また、今回のイベントでは説明欄にBGM小さめと書いてあって実際に小さかったので、そういう意味でもイベントを選択しました。

 

 

クラブナンパ実践開始

この日は昔からの友人と2人でイベントに乗り込みました。

僕の経験上、女性の方もこういったイベントには2人組で来ている人が多いので、こちらも人数を合わせて2人で行くことが多いです。

この時はなんだかんだで予定していたより15分ぐらい遅れて受付を済ませました。

しかし、様子を見るにまだ本格的にイベントが始まっている感じもなく、何とか間に合ったようです。

 

まずは入り口で荷物や貴重品をロッカーに預けます。

クラブに行ったことがない人はイメージが湧きにくいかもしれませんがクラブは場内全体が暗く、視界が良くありません。

盗難の被害などを防ぐために余計な荷物は全部ロッカーに放り込んだ方がいいです。

お金も財布からいくらかポケットに直接放り込んでおいて財布本体はロッカーに入れておいた方がいいと思います。

もし、盗まれても誰も保証はしてくれませんからね。

ちなみに僕はこの時スマホと小銭しか持たずに入場しましたがこれで十分でした。

 

荷物を預けた後、場内に入るとドリンクカウンターに列ができていたので、まずは受付の時にもらったワンドリンクチケットでお酒をもらいます。

ちなみにこのイベントではお酒1杯が700円という驚きの価格で売られていたので小銭は少し多めに持っていた方がいいかもしれませんね。

お酒をもらった後にまずは場内の様子を見るために適当に練り歩きます。

どうやらVIP席もあるようで、そこにはかなりレベルの高い女性が座っていました。

もしお金に余裕があるならばVIP席を使うのもいいかもしれませんね。

 

※VIP席
通常の料金に追加でお金を払うことで専用の席とテーブルを借りることができるシステム。

クラブ内は通常、人がぎゅうぎゅう詰めになっていて身動きがとりづらいが、VIP席ならゆったりとすることができる。

一般の電車のグリーン席のようなもの。

また、VIP席を取るとスタッフが可愛い女性を席まで連れてきてくれるので、自分で探す手間が省ける、女性と腰を据えてゆっくり話せるなどのメリットがある。

 

 

そして、このVIP席を見ながら、ある考えを思いついたので、それを実行することにしました。

クラブの場内には立ちテーブルがあるのですが、それを勝手にVIP席にしてしまおうと思ったんですね。

まあ、今、思い返すと至って普通のことですが(笑)

場内の様子をひとしきり見た後に、ちょうど目の前で占領されていた立ちテーブルが1つ空いたのですかさず2人で占領しました。

さすがにスタッフが女性を連れてきてくれたりはしないので、そこは自分でどうにかしないといけないのですが、これなら立ち話より何倍もやりやすそうだったので、今回はこの立ちテーブルを起点にしてやっていくことにしました。

 

まずはテーブルの近くに来た女性に声をかけて、こっちの陣地に引き込んでしまおうという作戦で女性が近くに来るのを待ちます。

そして、その間に周りの様子を観察していたのですが、結構、端っこの方で立ち尽くしている人や、一応女性と話してはいるが明らかに女性がつまらなさそうにしているところもあり、ひとまず猛者の回避という目的はある程度達成できているのではないかと感じました。

 

その後、女性を来るのを待っていましたが、どうやら入り口付近でほぼ全員捕まっているらしくなかなかテーブルの近くまで流れてきません。
(テーブルは場内の奥の方にありました)

これでは、ラチ空かなそうなのでテーブルの確保を相方に任せて、入口の方へ女性を引っ張りに行きました。

あまり相方を1人で待たせるのも申し訳ないので、取りあえずドリンクを買い終わった直後の2人組に声をかけます。

「こんばんは!お二人は友達なんですか?」

「あ、はい。そうですよー」

「あ、そうなんですね。よかったら向こうでテーブル確保してるんで向こうに行きませんか?」

「いいですよー」

今、思うと、もう少しまともな誘導の仕方なかったんかいと思うのですが(笑)

でも、このぐらい雑な誘い方でも女性はテーブルまで来てくれました。

 

みんな、女性への第一声とかを結構気にするんですが、こんなもんで十分なんですね。

しかし、取りあえずテーブルまで誘導したものの、スピード重視であまり確認しないで引っ張って来た影響で、正直女性のレベルがそこまで高くなく、少し会話をしたらリリースすることにしました。

そして、その会話中、次にどの女性に声をかけるか目星をつけておきました。

その結果、2つ隣のテーブルで話している2人組の片割れが、結構可愛いので、その子に狙いを定めました。

 

 

クラブナンパでは他の男の介入を阻止するのが重要

その後、話しながらチャンスを伺い、狙っていた女性が解放された瞬間でそれまで話していた女性たちとはドリンクを取りに行くという名目で会話を終わらせ、狙いの女性のテーブルまで移動しました。

「こんばんはー、ここ空いてますか?」

「あ、空いてますよ」

「じゃあ、失礼しますね、お二人は友達なんですか?」

ワンパターンですが、まずは素早く会話を始めて他の男の介入を阻止することにしました。

こういう場ではもたもたしていると、すぐに暇を持て余している男に取られてしまうのでスピードが命です。

実際に僕も横からサッと取られて悔しい思いをしたことが何回もあります^^;

 

その後、話していきますが話した感触も悪くなく、その2人組と最後まで話すことにしました。

途中、想定外の事態として、マジシャンの人が来てマジックを披露するついでに僕が狙っていた女性とLINEのIDを交換していくという一幕がありました。

その手口が、かなりやり慣れている感じで鮮やかに交換していったので「うまいなー」と思ったのですが特に焦ったりはしませんでした。

普通にマジックを見て、その時ちょうど狙っていた女性が隣にいたので2人で「すごいねー!」と共感していました。

 

こういう風に鮮やかな手口でIDの交換とかをされると、もしかすると、そっちに女性を持っていかれると思うかもしれませんが持っていかれません。

結局、どれだけ密なコミュニケーションを取り、深い話題を聞き出し、ボディータッチなども絡めて距離を縮めていくかが重要なので、少しマジックを披露してIDを交換しただけではその先に繋がらないのかなと思ったんですね。

なので、慌てず焦らず純粋にマジックを楽しみました。

 

 

後は、ここは完全に人それぞれだと思うのですが、僕は今回の実践で計2組の女性にしか声をかけなかったんですね。

よく一晩で10番ゲ(女性の番号ゲットの略)みたいな話を聞きますが僕はあんまり意味はないのかなと思っていて。

いくら連絡先をゲットしようとそれがその先に繋がらなければ意味はないと思っているので、僕は普段こういう場では、そんな何組も声をかけたりしないんですね。

それより、少ない数の女性としっかりコミュニケーションを取るほうが、その先に繋がりやすいし、恋愛の実力もつくと考えています。

もちろん、質より量ということで、とにかく番号を集めるのも、それはそれでありだと思うので、そこは個人の判断だと思います。

 

その後はなるべく深い話を聞き出すことを意識しつつ、時々、ボディータッチも絡めつつコミュニケーションを取っていきます。

この時、狙っていた女性はもちろんですが、特に狙っていないもう1人の女性にも適度に話しかけるようにしました。

こういう時にやりがちなのが、自分が狙った女性にばかり話しかけてしまうということです。

これをやってまうと狙いが露骨すぎて女性からの印象が悪くなってしまいます。

なので、大体半分ずつぐらいの気持ちで話すようにしました。

途中、狙いの女性を無視してずっと話していた時もあったのでそのぐらいの配分で大丈夫だと思います。

 

結局、時間いっぱいまで会話をして最後にLINEを交換しました。

イベント終了も近かったので別の場所で飲み直さないかのオファーも出しましたがそこは丁重にお断りされたので、それ以上の深追いはせず。

最後に2人に僕の印象を植え付けるために、痛くないぐらいの強さで握手をして引き上げました。

こういった、他の男に埋もれない工夫をしなければ、すぐに女性の中での印象が薄くなってしまいます。

なので、最初と最後。

この2つのポイントで女性に印象付けることを意識してみてください。

全体的には総じて、及第点という感じでしたが強いて言うなら、もう少し恋愛話を多めにしたほうが良かったかなという印象でした。

では、最後にまとめます。

 

 

クラブナンパ~まとめ~

今書いた通り、全体的に及第点で、こんなもんでしょという感じでした。

最初で書いたクラブナンパをする際の懸案事項だった部分は全てクリアできたので。

実践内では言及しませんでしたがノリの部分も、おとなしそうな感じの女性を選べばそこまで気になりませんでした。

そもそも2組にしか声かけてませんが(笑)

 

ということで、簡単にまとめると、

  • クラブを使うイベントに参加する
  • お金があるならVIPもあり
  • テーブルを起点にして、そこに女性を引き込む
  • 女性が空いている時はとにかくスピード命で話しかける
  • 狙った女性ばかりに話しかけるのではなくバランスを意識する

でした。

これらの点とある程度の慣れがあればクラブでのナンパも選択肢に入れることができるのではないでしょうか?

ぜひ、まだやったことのない人はチャレンジしてみてくださいね。

もちろん、他の出会いの場所でも大丈夫ではありますが(笑)

(他にどんなところで女性と出会えばいいのかについてはメルマガ内で紹介したりするので参考にしてみてください^^)

 

 

では、今回はここまでにします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

レンジ

 

 

ページを閉じるその前に…

 

あなたは一度でもこの様なことを考えたことがないでしょうか??

 

・清楚で可憐なあの子を自分色に染め上げてみたい
・職場で人気の美人な女性と恋人関係になってみたい
・街中ですれ違った可愛い子と楽しい時を過ごしたい
グラマーなあの子の体を好きなように触ってみたい
・漫画のように美女に囲まれた生活が送ってみたい
・高嶺の花を絡めとって自分の欲望のままにしたい

 

もし、この中で1つでも当てはまることがあるのならば、あなたがその欲望を叶えることができるようになるためのチャンスをご用意できるのですが…


 

 

 

※女性や18歳未満の方の登録はご遠慮ください。

※iCloud関係のアドレスはシステムの関係上、登録できないので
他のアドレスでの登録をお願いします。

 

突然何の話だと思うかもしれませんが、実は僕は以前よりメルマガもやっているんですね。

今のあなたが好きな女性から全く相手にされずに悔しい思いをしていても、近い将来、女性の方からあなたの存在を求め始めるようになる。

そんな男として圧倒的な進化を遂げることのできる無料メルマガです。

 

多くの女性から嫌でも深い関係を求められるようになる。

そんな夢にまで見た男になるために必要な知識や情報を1から丁寧にお話しさせてもらっています。

たった1度の人生、どうせなら女性から求められ、周りの人間を引き付ける究極の魅力を身につけた人生を歩んでみませんか??

 

もし、今のあなたが、

・女性と話したことがない
・女性とデートしたことがない
・何をやるにも自信が持てない
・女性経験がないまま、おじさんになってしまった
・いい歳して未だに童貞だ
・我こそは魔法使いなり!!(笑)

そんな状況であっても一切関係ありません。

大丈夫です。

1つずつしっかりと知識を身につけ、その知識を元に行動して経験を積む。

この様なステップを踏んで、男としての本質的な魅力を身につければ全ての問題が一気に解決します。

文字通り「人生、大逆転」することも不可能ではありません。

 

せっかく、このサイトにお越しいただいたのです。

自分の人生、いい方向に捻じ曲げてみませんか?^^

今なら、登録していただければ、お礼として無料レポート「恋愛初心者が彼女を作るための3ステップ」を全員にプレゼントしますね。


 

 

 

※女性や18歳未満の方の登録はご遠慮ください。

※iCloud関係のアドレスはシステムの関係上、登録できないので
他のアドレスでの登録をお願いします。

  • この記事を書いた人

RENJI

人とまともに話せない超絶コミュ障状態を恋愛をキッカケに克服。
現在はその経験を活かし、様々な恋愛の相談を受けている。

詳しいプロフィールはこちら
90日間の無料メール講座はこちら

-実践記(出会い)
-,

Copyright© 元万年補欠の野球部が教える恋愛で逆転満塁ホームランを打つ方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.