振り返る女性

LINE・メール 読者相談

【読者相談No.2】LINEで女性からの返信がなければその女性からは嫌われているのか?

更新日:

どうも、レンジです。

 

 

最近、とある人からこんな質問を受けました。

 

「好きな人にLINEを送ったのですが返信がないんです。
既読は付いたのですが返信が返ってきません。
これは好きな人から嫌われてしまったのでしょうか?」

 

うん、どうでしょうか?

この質問ですがおそらく、同じことで悩んでいる人もいるのではないかと思います。

 

好きな人に時間をかけて送ったLINEに返事が来ない。

最初は読んでないだけかと思って返信を待ってみるけどいつまで経っても既読がつかない。

何回も何回もメッセージを見て、既読がつかないか、確認してみるけど一向につかない。

あれ、なんか変な文章送ったかな?

そう思って自分で送ったメッセージに軽い後悔を感じながら、読み返してみるが特に変なところはない。

あー、なんでなんだよぉ!

そんな風に嘆いてみるも何か変わるわけでもなく、ただ時間だけが経過していく。

そんな焦りや不安を感じながら、ちょいちょいLINEを確認していると、ついに既読がついた!

やったぜ!やっぱり見てなかっただけなんだな!

負の感情から解放された喜びと共に女性の返信を待つ。

どんな文章を送ってくるのかな。

意外とノリノリだったらどうしよう!

あー、楽しみだなー。

なんて思うも今度は何分経っても返事が返って来ない…

再び襲ってくる焦りと不安。

そして、そのままいくら待っても女性から返信が返ってくることはありませんでした。

 

こんな経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

多いのではないでしょうかというよりほぼ全ての男性が経験したことがあると思うのですが、今の例のようなことが起こった時に多くの男性は女性に嫌われてしまったのではないかと思います。

そして、僕と同じように、できることならLINEを送る前に戻りたいと考えます(笑)

 

 

付き合う前のLINEで女性からの返信がなければ嫌われているのか?

でも、少し考えてほしいのですが

LINEの返信がない=その人のことが嫌い

これはホントに合っているのでしょうか?

「そりゃ、そうでしょ。嫌いだから返信しないんじゃん」

こんな風に思う人もいると思います。

 

でも、一見、正しそうなこの考えですが実は純粋に合っているとも言えないんですね。

どういうことかというと、状況によって本当に嫌われている時もあるということです。

LINEの返信がない=その人のことが嫌い

ではなく、

LINEの返信がない=その人のことが嫌い or めんどくさい

ということです。

 

「どっちにしろ同じじゃねーか!」

と、叫ぶ前に少し考えてほしいのですが、

(ちゃんと後で対策もお話しします)

例えば、あなたがそこまで仲の良くない、別に好きでも嫌いでもない、友達と知り合いの中間ぐらいの男性からいきなり雑談的なLINEが来たら、どう思うでしょうか?

 

超社交的な人でない限り、ハッキリ言って、「え?なにこれ、めんどくさ」と思うはずです。

少なくとも「お!珍しい人からLINE来たな!やったー!」とはならないと思います。

ちょっとやり取りして適当なところではぐらかすか、日にちをまたいだところでやり取りを終わらせるのではないでしょうか?

 

それと同じなんですよ。

女性からすると、まだ恋愛対象になるかすらわからない人からLINEが来てもメンドクサイだけなんですよ。

好きとか嫌いとかそういう話ではなく単純にメンドクサイ。

だから、返信しない。

それだけなんです。

 

そして、もしそれがモテる女性ならばなおさらです。

モテる女性というのはあなたが想像している3倍は毎日、男性からのアプローチを受けています。

いちいち、相手にしていられないんですね。

相手にしているといくら時間があっても足りないんで。

だから、返信がないからと言って、その女性に嫌われているわけではない。

ただ、めんどくさがっている可能性もある。

ということです。

 

もちろん、普通に嫌われている可能性もありますよ。

でも、だからといって早とちりする必要はないんですね。

 

 

既読スルー状態の女性への対策

では、次にもし女性から既読スルーを受けている場合、どの様な対処を取ればいいのかですが、これはリアルで対応するしかありません。

ちゃんとその女性と顔を合わせて、コミュニケーションを取って女性にこの人と話してみたいなと思ってもらうしかないんですね。

からかったり、深い話を聞いて肯定したり、予想外のタイミングで褒めたりして、女性の感情を揺さぶるコミュニケーションを取っていきます。

 

そもそも現実でちゃんと話せないのにLINEではガッツリ話したいなんてのは都合が良すぎます。

いつの時代も「現実>LINE」です。

いくら毎回パーフェクトなLINEを送れても、現実ではオドオドしていて、目を見てコミュニケーションを取れないのであれば、その女性と付き合うことは不可能です。

リアルで女性とコミュニケーションを取って女性からの評価を上げて、再度LINEを送る。

これが一番確実な方法です。

 

もしかしたら、何か裏技のようなものを期待した人もいるかもしれませんが残念ながらそんなものはありません^^;

僕もこの恋愛の情報業界に5年以上漬かって、それこそ色々な情報を得たり、教材を買ってきたりしましたが、そんな方法は未だに発見していません。

地道に1つずつやっていくしかないんですね。

 

 

と、いうことで、ここまで色々書いてきましたが、そもそも既読スルーは好ましいことではありません。

今回の話はスルーされてしまったときの話ですが、それ以前にスルーされないような魅力を身につけることがなによりの対処法だと思います。

そのための情報はこのブログにたくさん書いてありますし、もしわからないことがあれば、お問い合わせのフォームから僕に連絡してもらっても構いません。

失敗したらどうするかではなく、失敗しない方法を身につけていきましょう^^

 

 

では、今回はここまでにします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

レンジ

 

 

ページを閉じるその前に…

 

あなたは一度でもこの様なことを考えたことがないでしょうか??

 

・清楚で可憐なあの子を自分色に染め上げてみたい
・職場で人気の美人な女性と恋人関係になってみたい
・街中ですれ違った可愛い子と楽しい時を過ごしたい
グラマーなあの子の体を好きなように触ってみたい
・漫画のように美女に囲まれた生活が送ってみたい
・高嶺の花を絡めとって自分の欲望のままにしたい

 

もし、この中で1つでも当てはまることがあるのならば、あなたがその欲望を叶えることができるようになるためのチャンスをご用意できるのですが…


 

 

 

※女性や18歳未満の方の登録はご遠慮ください。

※iCloud関係のアドレスはシステムの関係上、登録できないので
他のアドレスでの登録をお願いします。

 

突然何の話だと思うかもしれませんが、実は僕は以前よりメルマガもやっているんですね。

今のあなたが好きな女性から全く相手にされずに悔しい思いをしていても、近い将来、女性の方からあなたの存在を求め始めるようになる。

そんな男として圧倒的な進化を遂げることのできる無料メルマガです。

 

多くの女性から嫌でも深い関係を求められるようになる。

そんな夢にまで見た男になるために必要な知識や情報を1から丁寧にお話しさせてもらっています。

たった1度の人生、どうせなら女性から求められ、周りの人間を引き付ける究極の魅力を身につけた人生を歩んでみませんか??

 

もし、今のあなたが、

・女性と話したことがない
・女性とデートしたことがない
・何をやるにも自信が持てない
・女性経験がないまま、おじさんになってしまった
・いい歳して未だに童貞だ
・我こそは魔法使いなり!!(笑)

そんな状況であっても一切関係ありません。

大丈夫です。

1つずつしっかりと知識を身につけ、その知識を元に行動して経験を積む。

この様なステップを踏んで、男としての本質的な魅力を身につければ全ての問題が一気に解決します。

文字通り「人生、大逆転」することも不可能ではありません。

 

せっかく、このサイトにお越しいただいたのです。

自分の人生、いい方向に捻じ曲げてみませんか?^^

今なら、登録していただければ、お礼として無料レポート「恋愛初心者が彼女を作るための3ステップ」を全員にプレゼントしますね。


 

 

 

※女性や18歳未満の方の登録はご遠慮ください。

※iCloud関係のアドレスはシステムの関係上、登録できないので
他のアドレスでの登録をお願いします。

  • この記事を書いた人

RENJI

人とまともに話せない超絶コミュ障状態を恋愛をキッカケに克服。 現在はその経験を活かし、様々な恋愛の相談を受けている。 大手出会い系サイトにて月間300いいね達成、アイドルの卵を抱くなどの経験を得て、更なる高みを目指して日々恋愛を研究中。 ・詳しいプロフィールはこちら90日間の無料メール講座はこちら

-LINE・メール, 読者相談
-, , ,

Copyright© 元万年補欠の野球部が教える恋愛で逆転満塁ホームランを打つ方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.