キッチンでもたれかかる女性

雑記

非モテ男子が永遠に非モテを脱出できない根本的原因とは!?

更新日:

どうも、レンジです。

 

 

もし、

「絶対」に狙った女性と付き合える方法があったら知りたいですか?

「絶対」に会話が盛り上がる魔法の言葉があったら知りたいですか?

「絶対」に一生モテモテになる方法があったら知りたいですか?

どうでしょうか?

もし、あなたがこれらのことを心の底から本気で知りたいと思ったのなら、それは危険信号です。

 

モテない男に共通することの1つに「絶対」を求めようとすることがあります。

例えば、「絶対に女性との会話が盛り上がる鉄板7フレーズ」みたいな知識をゲットした時に、そのフレーズを無意味に使いまくってみたり、

恋愛マニュアルを購入して、その内容を頭に叩き込めば、あとは実践しないでも自然と好きな人と絶対に付き合えるようになると勘違いして行動しなかったり。

まあ、全部この記事を書いている人間の過去の姿なのですが(笑)

 

おそらく、同じようなことを考えている人って少なくないと思うんですね。

別に恋愛に限ったことではありませんが、恋愛に絶対は存在しません。

人間同士のコミュニケーションです。

機械を相手にしているわけではないので、こう言ったらこういう反応が返ってくるなんてのはわからないんです。

 

例えば、目の前の相手に、

「知らないかもしれないけど、実は明日、世界が滅亡するんだ…」

と、身の周りの友達に本気のトーンで言ったら、どんな反応が返ってくるでしょうか?

もしかしたら、そっけない反応が返ってくるかもしれませんし、本気で信じて、慌て始めるかもしれません。

情報源がどこかを聞いて自分で調べ始める人もいるかもしれません。

相手が自分の発言に対して、どんなアクションを返してくるかなんて、実際にその場になってみないとわからないんです。

絶対にこういう反応が返ってくるなんてのは言えないんです。

 
それに人と人のコミュニケーションは点ではなく線です。

例えば、全く同じフレーズを同じ女性に言っても、そこまでの会話の流れやその日のテンション、体調などで、どんな反応が返ってくるかは変化するんですね。

その場その場だけのことではなく、一連の流れなんです。

 

なのに、その辺を無視して、取りあえずこれ言っとけば大丈夫でしょみたいなスタンスでいるといつか手痛いしっぺ返しを食らうことになります。

だから、これを言えば盛り上がるみたいのもあってもいいと思いますが、ちゃんと、人間同士のコミュニケーションであることを理解しておかないと意味はないんですね。

なので、恋愛において絶対はありません。

それなのに「あの子と絶対に付き合えるようになる方法はないのか!?」

みたいなことを言っているのはナンセンスなんですね。

 

いや、もしかしたらあるのかもしれませんよ?

僕は未だに発見できていないですし、僕よりも何年も長くこの業界にいる知り合いですらも知っている人はいません。

なので、確かに「絶対」があったら恋愛は非常に楽になると思うのですが現実的ではないんですね。

でも、うまく行く可能性を限りなく絶対に近づける方法はあります。

そして、その方法は絶対を見つけるよりも数倍早く、あなたをモテる男に変えてくれます。

 

 

モテる男は経験値を積んでいる

では、その方法とはどんなものなのでしょうか?

簡単です。

とにかく、経験値を積めばいいんですね。

経験値を積んでいくと、何となくの感覚で、ここはこうした方がいいんじゃないかみたいのが見えてきます。

メルマガ内の過去話で話していますが、僕もたくさん失敗して経験値を積むことで色々とわかるようになってきました。

 

そして、この女性はこういうことを言ったら、大体こんな感じの反応が返ってくるみたいのも経験からわかるようになってきます。

 

モテる男というのはこの辺の経験値が半端じゃないんですよ。

成功も失敗も含めた経験値がその辺にいる男とは桁違いなんです。

最近は、なにごとも量より質みたいな空気がありますが、完全に量です。

踏んできた場数が違うんですよ。
数の暴力です。

圧倒的な経験の量を持っているんです。

だから、女性に対する扱いも慣れているし、効果的な恋愛に関する知識も最適なタイミングで使うことができるんです。

 

 

モテるようになる男と一生非モテのままの男

自分の恋愛をどうにかしたいと思って、可愛い彼女を作りたいと思って、行動する男の行きつく場所は2種類あります。

1つは最後まで諦めずに行動し続け、それまでの自分と比べて女性にモテるようになれた男。

もう1つは途中で挫折して、行動を止めてしまい、結局何も変わることのない日常に戻っていってしまう男です。

 

一見、全く異なる2種類の男ですが、実はその差は諦めないで行動し続けたかどうかだけなんですね。

最初はやっぱりうまく行かないんですよ。

ロクに経験値もないので右も左もわからない状態でどうしていいかわからなくなるので。

そして、よく失敗もします。

 

実際、僕も本格的に恋愛に関する行動を始めてから彼女ができるまで10回失敗しました。

10人の女性にフラれ続けたんですね(笑)

これだけ聞くと、かなり険しい道のりのように思えますが、でも、僕より失敗している人なんて探せばいくらでもいるでしょうし、何より、やっている内は意外と辛くないんですね。

最初こそはちょっと凹んだりもしましたが、ある程度数をこなしてくると失敗するのが当たり前になってきます。

 

すると、失敗してもなにも感じなくなるんですよ。
感覚が完全にマヒするんです(笑)

「あー、また失敗した。まぁ、いっか、いつものことだし」

みたいな気分になるんですね。

知り合いからは頭のネジが外れ始めたな、なんてことを言われたりもしましたが、でもその結果、以前とは比べ物にならないぐらい、女性に対して自信を持ってコミュニケーションを取ることができるようになりました。

 

なので、最初は少し辛いかもしれないけど、行動している内に辛くなくなってくる。

そして、モテる男とモテない男を分けるのはこの部分であるということですね。

 

では、少し散らかってしまたので最後に簡単にまとめると、

  • 恋愛に「絶対」なんて存在しない
  • 「絶対」を求めるぐらいなら経験を積んでいった方が早い

ということでした。

 

 

では、今回はここまでにします。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

レンジ

 

 

ページを閉じるその前に…

 

あなたは一度でもこの様なことを考えたことがないでしょうか??

 

・清楚で可憐なあの子を自分色に染め上げてみたい
・職場で人気の美人な女性と恋人関係になってみたい
・街中ですれ違った可愛い子と楽しい時を過ごしたい
グラマーなあの子の体を好きなように触ってみたい
・漫画のように美女に囲まれた生活が送ってみたい
・高嶺の花を絡めとって自分の欲望のままにしたい

 

もし、この中で1つでも当てはまることがあるのならば、あなたがその欲望を叶えることができるようになるためのチャンスをご用意できるのですが…


 

 

 

※女性や18歳未満の方の登録はご遠慮ください。

※iCloud関係のアドレスはシステムの関係上、登録できないので
他のアドレスでの登録をお願いします。

 

突然何の話だと思うかもしれませんが、実は僕は以前よりメルマガもやっているんですね。

今のあなたが好きな女性から全く相手にされずに悔しい思いをしていても、近い将来、女性の方からあなたの存在を求め始めるようになる。

そんな男として圧倒的な進化を遂げることのできる無料メルマガです。

 

多くの女性から嫌でも深い関係を求められるようになる。

そんな夢にまで見た男になるために必要な知識や情報を1から丁寧にお話しさせてもらっています。

たった1度の人生、どうせなら女性から求められ、周りの人間を引き付ける究極の魅力を身につけた人生を歩んでみませんか??

 

もし、今のあなたが、

・女性と話したことがない
・女性とデートしたことがない
・何をやるにも自信が持てない
・女性経験がないまま、おじさんになってしまった
・いい歳して未だに童貞だ
・我こそは魔法使いなり!!(笑)

そんな状況であっても一切関係ありません。

大丈夫です。

1つずつしっかりと知識を身につけ、その知識を元に行動して経験を積む。

この様なステップを踏んで、男としての本質的な魅力を身につければ全ての問題が一気に解決します。

文字通り「人生、大逆転」することも不可能ではありません。

 

せっかく、このサイトにお越しいただいたのです。

自分の人生、いい方向に捻じ曲げてみませんか?^^

今なら、登録していただければ、お礼として無料レポート「恋愛初心者が彼女を作るための3ステップ」を全員にプレゼントしますね。


 

 

 

※女性や18歳未満の方の登録はご遠慮ください。

※iCloud関係のアドレスはシステムの関係上、登録できないので
他のアドレスでの登録をお願いします。

  • この記事を書いた人

RENJI

人とまともに話せない超絶コミュ障状態を恋愛をキッカケに克服。
現在はその経験を活かし、様々な恋愛の相談を受けている。

詳しいプロフィールはこちら
90日間の無料メール講座はこちら

-雑記

Copyright© 元万年補欠の野球部が教える恋愛で逆転満塁ホームランを打つ方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.