マメな男はモテるという言葉の罠…女性に嫌われる痛い男の5つの特徴

「マメな男はモテるという言葉の罠…女性に嫌われる痛い男の5つの特徴」のアイキャッチ画像

どうも、レンジです。

 

今回はマメな男は本当にモテるのか?という話をしていきます。

また、あわせてモテるマメの条件。

モテるマメ男の特徴やモテないマメ男の特徴についても話をしていきます。

 

マメな男はモテるというのはよく言われています。

実際に女性に聞くとマメな人が好きという声も良くあります。

しかし、一方でマメに女性に接したけど全然モテなかったという話もよく聞きます。

 

この記事ではそういったマメな男に関する矛盾に切り込んでいきます。

真の意味でのマメな男とはどんな男なのか。

完璧に理解していきましょう。

 

「マメな男がモテる」には裏がある

不機嫌な女性

きっと世の中の多くの女性がこう思っているでしょう(苦笑)

恋愛の世界では昔から「マメな男がモテる」と言われてきました。

僕もいつからか知っていましたし、あなたもどこかで聞いたことがあると思います。

 

しかし、実際にマメになってモテるようになったという話は聞いたことがありません。

モテるどころか、好きな女性にマメにしてみたけど、嫌われてしまったというのが大半だと思います。

こういう話を聞くとマメな男がモテるというのはウソのように思えます。

 

しかし、マメな男がモテるという意見は未だに根強いです。

それに実際に女性に話を聞くとマメな男性に好意的な意見を持っている女性は多いです。

一体これはどういうことか。

 

実は「マメな男がモテる」という言葉にはある「裏」があったんです。

 

「モテる男はマメである」は本当?

では、その「裏」について話す前に1つ。

そもそも「モテる男はマメである」というのは本当なのでしょうか?

どこの馬の骨とも知れないやつが流しているデマなのではないか。

そこについて話をしていきます。

 

で、結論から言うと半分本当で半分ウソです。

どういうことか。

たとえば、好きな女性に対してこういった行動をしたとします。

  • LINEをすぐに返信する
  • 女性の誕生日などを覚えている
  • 電話やLINEを毎日欠かさない
  • 会話の内容を覚えている
  • 細かい気配りができる
  • 女性の帰りを待っている
  • 女性の好きなものを知っている

これらの行動ってすごくマメですよね。

いかにも女性が喜びそうなマメさです。

 

しかし、現実にはこういったマメさを発揮して女性から喜ばれる男性と、ドン引きされる男性がいます。

同じことをやったとしても、起こる結果は真逆なんです。

なぜなのか?

それは両者の間にはある「決定的な違い」が存在するからです。

 

モテるマメは女性が喜ぶマメさだけ!

プレゼントをもらって喜ぶ女性

こういうリアクションをしてもらえるようにしていきましょう^^

では、話を続けていきますが「ある決定的な違い」とは何か?

それは「女性のためのマメかどうか」です。

これがさっき話した「ある決定的な違い」かつ「マメな男がモテる」という言葉の「裏」です。

要は、マメなんて言っても女性のためのマメじゃないといけないんですよ。

マメさを発揮しても、それが女性の喜ぶものでないと意味がないんです。

 

たとえば、マメの代表的な行動の1つに女性に毎日LINEを送るというのがあります。

ただ、これってLINEを送ることで女性が喜んでくれるというのが前提条件なんです。

 

たとえば、女性とすごく仲のいい男性がLINEを送って、女性がそのやりとりを楽しんでいるなら、それはモテるマメです。

でも、たいして仲がいいわけでもないし、話していて楽しいと感じない人から毎日LINEが来たところでうっとうしいだけなんですよ。

LINEが来たところで嬉しくなんてないし、なんなら送ってこないで欲しいんです。

こういった女性が喜ばないのはモテないマメです。

 

なので、「モテる男はマメ」というのは女性のためのマメさを発揮しているという前提条件が隠れているんです。

この隠された前提条件を見落としていると、女性から

女性女性
めんどくさいやつ

と思われてドン引きされてしまいます。

「女性のためのマメかどうか」

この視点を常に持っておいてください。

 

▲目次に戻る

 

マメなのにモテない痛い男の5つの特徴

ケンカをする男女

モテないマメは端から見ると、相当イタいことをしています。

そして、残念なことにモテないマメさを発揮している人の大半は自覚がありません^^;

今、モテるマメの条件について話をしましたが、いざ自分のことをなると意外とわからないものです。

自分はモテるマメさができている、と思っていても、実はモテないマメをやっているなんてことはよくあります。

 

なので、話をより深く理解してもらうために、ここではモテないマメの具体例を紹介したいと思います。

モテないマメはたくさんありますが、特にこれから紹介する5つのマメさはモテないマメの中でも特に止めた方がいいものです。

  • 一途なつもりがしつこいメンヘラ男
  • 記念日大好きすぎてめんどくさい男
  • 優男アピールがうざいモテない
  • LINEの返信が早すぎて気持ち悪い
  • 彼氏気取りで重い…

この5つですね。

さっき話したようにすべて女性のためのマメになっていません。

もし、やっている場合はすぐに止めましょう。

 

モテないマメ男の特徴1.一途なつもりがしつこいメンヘラ男

1つ目は一途なつもりがしつこいメンヘラ男です。

「一途な男はモテる」なんて言われたりしますが、「一途」なのと「しつこい」のは違います。

しつこいぐらいならまだしも、中にはしつこいを通り越してメンヘラ化してしまう男性がいます。

たとえば、

  • デートの誘いを断られてもしつこく誘ったり
  • 嫌がっているのに声をかけ続けたり
  • 無視されても何度もLINEやメールを送り続けたり
  • 女性の帰りを待って職場の入り口で出待ちしたり
  • 女性の後をつけて、家までストーキングしたり

本人からすれば一途な愛情表現のつもりかもしれませんが、しつこすぎるとただのメンヘラ男になってしまいます。

 

特に経験のない男性ほど、少し女性に優しくされただけで、

非モテくん非モテくん
この子はオレのことが好きなんじゃないか!?

と舞い上がってしまいがちです。

しかし、そんなのは大体が勘違いですし、上記のような行動をしていては女性を怖がらせるだけです。

当然、そんな男性のことを女性が好きになるはずもありません。

 

第一、こういうメンヘラ的な行動って相手のことをまったく考えられていません。

相手の都合なんておかまいなしで自分のことしか考えられていないんですね。

そりゃ、モテませんよって話です。

なので、一途としつこいを勘違いしたメンヘラ男はモテないマメな男の特徴の1つです。

 

モテないマメ男の特徴2.記念日大好きすぎてめんどくさい男

プレゼントを返す女性

記念日が大好きな男性は一見モテそうですが、度を越してやりすぎるとただのめんどくさい男になります。

付き合って1年とか、そういったことなら普通ですが、

  • 初めて話をした記念日
  • 付き合って一週間記念日
  • 初めて手をつないだ記念日
  • 2人で旅行した記念日
  • 初めてケンカした記念日
  • 初めてキスした記念日

などなど、何かにつけて勝手に記念日にしたり、プレゼントを渡すと「嬉しい」ではなく「気持ち悪い」になってしまいます。

ましてや、付き合ってない女性に対して記念日なんて言い出そうものなら、速攻で重い男の仲間入りです^^;

※そもそも何の記念だよって話ですよね(苦笑)

 

付き合っている女性との記念日を覚えているのはいいことですが、ほどほどにしましょう。

そして、付き合っていない女性との間には記念日なんてないので勘違いしないようにしましょう。

 

モテないマメ男の特徴3.優男アピールがうざい

ドヤ顔をする男性

これではせっかくの優しさも台無しですよね^^;

優男アピールがうざいのもモテないマメな男の特徴です。

優しい男性はモテますが、それを毎回アピールする男性というのは女性からするとうっとうしいだけです。

 

女性に何かしてあげたときに、

非モテくん非モテくん
まぁ、オレって優しいからね!

頼りにしてくれていいんだよ?(笑)

なんて言ってしまったら、せっかくの優しさも台無しです。

優しさというのは言葉ではなく行動で示すものです。

 

また、優しいアピールをしようとして過剰なまでに女性に気を使うのもモテません。

たとえば、女性が重い荷物を持っているときに重い荷物だけではなく、他の荷物も全部持ってあげるとか。

やたらと女性のことを心配して、すぐに「大丈夫?」みたいな連絡をするとか。

そういった度を越した優しさを見せて、優男アピールをする男性も女性からするとうっとうしいだけです。

 

モテないマメ男の特徴4.LINEの返信が早すぎて気持ち悪い

モテないマメな男の特徴の4つ目はLINEの返信が早すぎて気持ち悪いです。

マメな男の代表的な行動例と言ったらこれではないでしょうか(笑)

マメな男=女性にマメにLINEをする男、という方程式が成り立つぐらい有名なものですね。

 

ただ、残念ながら女性にマメにLINEをする男性は基本的にモテません。

やったことがある人はわかると思いますが、マメにLINEをしたところでたいして効果はありません。

それどころか話の途中でスルーされて、女性からの印象が悪くなったりします。

 

そして、ひどい人になると、

非モテくん非モテくん
おーい、聞いてるー?
非モテくん非モテくん
なんでムシするの?早く返信してよ

なんて追撃LINEを送ってしまいます。

追撃LINEについてはこちらの記事で詳しく話をしています。

 

また、

  • 短文を何度も送る
  • 女性の返信を待たずに質問を何回も送る
  • 謎のスタンプ連打

こういったことをされると、女性としては返信を催促されている気持ちになります。

たとえば、

「◯◯ちゃんは最近ハマってるものある?」

「そういえばさ」

「この前の飲み会のとき先に帰ってたけど何があったの?」

「もしかして、男の人とデートしてたとか?(笑)」

「てかさ、◯◯ちゃんって今、好きな人いるの?」

「気になるなー」

「教えてくれない?(笑)」

とかですね。

これって、結構な圧迫感がありますよね(苦笑)

こんなLINEをもらって喜ぶ女性なんていません。

 

女性からすると、LINEの返信が早すぎる男は「暇人」もしくは「めんどくさい人」です。

常に即レスをして喜ばれるのは、すでに女性がこちらに明確な好意を持っているときだけです。

それ以外の状態で即レスLINEをしても、うっとうしいだけで嬉しくなんかありません。

それどころか、

女性女性
この人、いつも即レスだけど、ずっとスマホ見てるのかな…

と、ドン引きされてしまう可能性があります。

女性とLINEをするなとは言いませんが、返信速度は女性と同じぐらいにしましょう。

 

モテないマメ男の特徴5.彼氏気取りで重い…

付き合ってもいないのに彼氏気取りな男性は、ほぼ確実に嫌われます。

たとえば、

  • 女性のプライベートなことをしつこく聞き出そうとしたり
  • 他の男性との付き合いを妨害したり
  • 飲み会に行くときに男はいるのかいちいち確認したり
  • 休日の予定を毎週欠かさず聞いたり
  • 女性が教えていない情報を周りの人からこそこそと集めていたり
  • 女性のSNSを常に監視したり
  • 女性の帰りを出待ちしていたり

そういった、彼氏気取りな行動をマメと勘違いしてやる男はモテません。

モテないというか普通に嫌われます(苦笑)

 

まぁ、当たり前っちゃ当たり前ですよね。

付き合っている状態ですら重い行動は避けるべきなのに、付き合ってもいない男がやれば確実にドン引きされます。

マメな男を勘違いするとただの重い男になってしまうので気をつけましょう。

 

▲目次に戻る

 

マメでモテる男に共通する5つの特徴

仲のいい男女

では、続いてマメでモテる男に共通する5つの特徴について話をします。

モテないマメさに関してはすでにわかってもらえてると思うので、次はモテるマメですね。

 

ただ、モテるマメと言っても重要なのは「女性のためのマメかどうか」です。

結局、重要なのはこの部分なんですね。

なので、今から紹介する5つの特徴は女性のためになっているというところにも注目して読んでみてください。

  • 女性の発言をさりげなく覚えているモテる
  • 記念日は途中まで忘れたフリ
  • 飲み会でもテキパキお手伝い
  • LINEの頻度はマメじゃない(笑)
  • 男らしさを感じる心遣いができる

では、1つずつ話をしていきます。

 

モテるマメ男の特徴1.女性の発言をさりげなく覚えている

モテるマメな男は女性の発言をよく覚えています。

たとえば、何気ない会話の中で、

女性女性
最近、チーズケーキにハマってるんだ〜

と女性が言っていたら、それをさりげなく、でもしっかりと覚えています。

 

そして、また別の日に、

激モテくん激モテくん
そういえば、前にチーズケーキにハマってるって言ってたじゃん

このお店とか行ったことある?

みたいに話のネタにしたりするんですね。

 

こうやって女性の発言を覚えておくことで、女性が何を考えているのか。

何を求めているのか、何をされると嬉しいのかを把握することができます。

そうすることで、的確に盛り上がる話題を女性に提供することができるんですね。

で、的確に盛り上がる話題を提供することができるということは、それだけ女性に

女性女性
この人、なんか話が合うなぁ〜

と思わせることができます。

 

ちなみに今のチーズケーキの例ですが、もし女性が、

女性女性
え〜、行ったことない!めっちゃ美味しそう!

と言ったら、

激モテくん激モテくん
あ、そうなんだ。じゃあ、今度ここ行こうぜ

と、デートに誘うこともできます。

こういう誘いは女性の好みに合わせた誘いなので、高確率でデートをすることができます。

非モテくん非モテくん
とりあえず、飲みに行こうよ!

なんていう雑な誘い方をするよりも何倍もうまく行きます。

そういう意味でも女性の話を覚えておくというのは重要なことなんですね。

 

それに女性としても自分の話したことを覚えていてくれると嬉しいし、その人に対する印象がよくなります。

また、この人は私のことをわかってくれる人と認識することで恋愛対象として見たりもします。

もはやメリットしかありません(笑)

 

なので、女性の話を覚えているというのは、マメなモテる男の特徴の1つです。

 

モテるマメ男の特徴2.記念日は途中まで忘れたフリ

喜ぶ女性

モテるマメ男は記念日をきちんと覚えています。

でもいきなり自分から、

非モテくん非モテくん
今日は◯◯記念日だよね

なんてそんな野暮なことは言いません。

わかっていて、あえて途中まで忘れたフリをします。

なぜそんなことをするのか。

 

女性は記念日を覚えていてほしい生き物です。

ですが、それと同時にもう1つ求めていることがあります。

それは「ドキドキさせられること」です。

 

モテるマメな男はこの辺のことをよく理解しています。

つまり、女性をドキドキさせるためにあえて忘れたふりをしてサプライズをするんですね。

最初は記念日に関して気づいていないフリをします。

すると女性としては、

女性女性
あれ、今日って記念日なんだけど、覚えてるかな?それとも忘れてる?

といった感じでソワソワします。

そして、そのソワソワが頂点に達したときにサプライズプレゼントを取り出し、

女性女性
覚えてる?今日って◯◯記念日だよね

と、記念日をしっかりと覚えていることを伝えます。

 

こうすることで、女性の、

  • 記念日を覚えていてほしい
  • ドキドキさせてほしい

この2つの欲求を同時に満たすことができるんですね。

引っ張りすぎても良くないし、さっさと自分から記念日を言ってしまうのも味気ない。

モテるマメな男はこの絶妙なタイミングとさじ加減を心得ています。

 

モテるマメ男の特徴3.飲み会でもテキパキお手伝い

たとえば、みんなで飲み会をやっているとします。

そういったときに、皿を配ったり、大皿の料理を取り分けたり、空いたグラスをまとめたり…。

大勢の場でもそういった小さな気遣いができる男性は、女性にとっては、

女性女性
自分のことも大切にしてくれそう

と感じられます。

 

それに周りに気を使える男性って単純に印象がいいし、魅力的ですよね。

飲み会に限った話ではありませんが、全体の調和を考えられる男性は女性からのウケが非常にいいです。

自分が楽しむだけではなく、周りの人も含めてみんなで楽しい時間を過ごす。

その意識がある男性は、どこにいっても常に女性から尊敬の眼差しで見られます。

 

ただ、注意点としては、やりすぎるとただの幹事気取りのいい人になってしまいます。

昔の僕もそうでしたが、うまく話せないからとりあえず何か作業をしていようみたいな(苦笑)

そうなってしまうと魅力的な男性ではなく、ただの使い勝手のいいお手伝いくんになってしまうので注意しましょう。

 

モテるマメ男の特徴4.LINEの頻度はマメじゃない(笑)

モテるマメな男は意外とLINEをしません。

何人もの女性と同時進行でLINEをしているように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。

別に既読スルーとか話の途中でいきなり返信しないなんてことはしません。

ただ、女性がしてほしいタイミングでLINEをするために、普段はあえてLINEをしないでいるんです。

 

モテるマメな男は自分がLINEをしたいタイミングではなく、女性がLINEして欲しいタイミングを考えます。

女性のLINEがしたいという気持ちを基準に考えるんですね。

だから意外と彼らのLINEの頻度はマメではないのです。

 

モテるマメ男の特徴5.男らしさを感じる心遣いができる

手を引く男性

ちょっとした心遣いで男らしさを見せることができるマメな男性はモテます。

たとえば、

  • 女性の重そうな荷物を持ってあげたり
  • はぐれないように手を引いてあげたり
  • 段差があったら注意を促したり…
  • 女性が落ち込んでたら励ましてあげたり
  • 何か物を取ってあげたり

こういった誰でもできるような気遣いで男らしさを演出できます。

 

そして、モテるマメな男はこういった気遣いをごく自然にやっています。

気遣いをしたからいい印象を持ってくれるだろうとか、そういった打算的なことは一切考えていません。

激モテくん激モテくん
いや、そんなの人として当たり前でしょ

ぐらいの気持ちでいるんです。

だからこそモテるんですね。

 

ただ、これもやりすぎると単なるいい人で終わってしまいます。

女性女性
気遣ってくれるいい人だよね(恋愛対象外だけど)

みたいな。

モテるマメな男は女性の心理を汲み取り、絶妙なタイミングで気遣いをしています。

 

▲目次に戻る

 

マメな男になる前に絶対にやってほしいこと

手を差し出す女性

ここまで色々な話をしてきましたが、マメなのにモテない男とマメでモテる男の違いをわかってもらえたでしょうか?

具体例などもたくさん話したので、わかってもらえたんじゃないかなと勝手に思っています(笑)

 

ただ、ここまで読んでくれたあなたは気づいたかもしれませんが、“マメ”というのはモテる要素の一つに過ぎません。

マメでモテる男の特徴の話もしましたが、あれもモテる男の特徴の一部でしかありません。

モテる男というのはもっと色々な要素が合わさってモテているんですね。

なので、もし、今あなたがモテるためにマメになろうと思っているなら、それよりも先にどういう男がモテるのかについて知ってほしいんですね。

モテる男の全体像を知ってから、行動することで最短で効率よくモテる男になっていくことができます。

何事も素直に行動する人が結果を出して現実を変えていきます。

ぜひ、モテる男になる一歩を踏み出してください。

 

では、今回はここまでにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

レンジ

 

女性との出会いがなく、いつまで経っても彼女ができないあなたへ。

突然ですが、あなたは普段の生活の中で女性と知り合うことがなく、心の中で、

「やばい、出会いが全然ない…」

「このままじゃ絶対に彼女できなくね?」

そんな焦りを感じていないでしょうか?

 

恋愛をするなら当然、出会いが必要です。

どんなモテる男でも出会いがなければ恋愛はできません。

どれだけ見た目が良くても、どれだけトークがうまくても、どれだけ女性心理がわかっていても出会いがなければ全て無意味です。

そして、仮に出会いがあったとしても100%必ずその女性と付き合えるわけではありません。

何人もの女性と会って初めて彼女が作れます。

なら、モテるとは言えない恋愛初心者はその何倍も出会いを作らなければ彼女はできません。

そう考えると彼女が欲しい人にとって出会いがないのは死活問題と言えるでしょう。

 

でも、出会いを作ると言ってもカンタンではありませんよね?

平日は仕事でクタクタになって、土日も何だかんだ忙しかったり、仕事の疲れが抜けず出会いを作る気になれない人もいると思います。

つまり出会いを作ることへのハードルが高くなってしまっているんです。

なので、どうにかしてこの問題を解決しないと、この先も新しい出会いがなく、彼女ができないままです。

じゃあ、どうすればいいか?

結論から言うと、マッチングアプリなら出会いのハードルを極限まで下げられます。

  • スマホ1台でどこでも(どこかに移動する手間がない)
  • 料金もそこまで高くなく
  • 同時に何人もの女性とつながれる

他の出会い方とは比較にならないくらいカンタンかつコスパ良く出会いを量産できます。

僕自身もこれまで何人もの女性とマッチングアプリで会って美味しい思いをしてきました。

他にも、

  • 合コンで時間を作ってバッチリ支度をして現地に行く
  • ナンパで女性から無視されまくって傷つく
  • 周りの人に「女の子紹介!」してと頼み込む
  • 街コンに何回も参加してバカにならない金額がかかる
  • 会社の同僚を狙おうと思ったらすでに彼氏がいてヘコむ

もうこんなことに悩む必要もありません。

他の出会い方をするとしても併用できますし、やらない理由がありません。

 

とはいえ、大半の男性はマッチングアプリで女性と出会えなかったり、人によってはやり取りすら続きません。

一体、何故でしょうか?

結論から言ってしまうと、マッチングアプリ攻略に必要なある考え方が抜け落ちているからです。

正しい考え方を身に付けず我流で攻略しようとするから全く出会えず、リアルでもネットでも女性にフラれ続けてしまうんですね。

なら、その考え方とはどんなものか?

以下の記事にわかりやすくまとめました。

7分くらいで読める記事なので、ぜひ読んでみてください。

マッチングアプリで女性と出会いまくるために大事なことを本気で語ってみた

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。